スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍デビュー

前々から検討していた電子書籍の本格導入ですが、アニメ「進撃の巨人」第5話を見たら先が気になってしまい、
我慢できずにiBooksでコミックスを全巻大人買い。
20130507_01_s.jpg

ああ、なるほどこういう話なのね、と確かに世間で騒がれるだけの納得の面白さだったのですが、最新刊がさらに
良い所で引いてしまったため、結果的に先が気になる状態は変わらず。
くそう…11巻の発売はまだか…。夏まで待てねーですよ…!

電子書籍のネックの一つであった発売日が一般書籍より遅れている点ですが、「進撃の巨人」に関しては
同じ時期だったという情報もあり、最新刊の発売が心待ちされます。


と、「進撃の巨人」の面白さは十分に判ったのですが、肝心の電子書籍に関してはどこで購入するか
最後まで悩み続けました。

結果的には半分勢いに任せたこともありiBooksで購入したのですが、ちゃんと考えるなら現時点ではiBooksを
利用する利点はあまり無いんじゃないかと思います。


まず一番のネックはiOSでしか利用出来ない事。
まあ、自分はAndroid端末を持っていないので問題無いのですが、今後の事も考えると他OSで利用出来ないのは
ある意味Appleと心中するしかねー、ということなのでお勧めは出来ないですね。

とは言っても仮にもAppleなので、電子書籍で一番怖いサービスの終了、という事態に陥る可能性は低いというのも
事実なので悪い点ばかりではないのですが。


二番目は品揃えの悪さ。
や、日本でのサービス開始当初に比べれば充実してきていますが、それでも有名書籍に限定している点もあり
マイナー誌の作品はやはり品不足感は否めません。

この辺りに関しては各出版社が独自に電子書籍を展開しているという背景もあるのかもしれませんが、
集英社みたいにそこは臨機応変に対応して貰いたかったなぁというのが本音。
品揃えを求めるならKindleやeBookJapan辺りがお勧めかな。値段も気持ち程度安いですし。


三番目は上でも挙げていますがお値段が据え置きな点。
電子書籍そのものの値段は置いておくとして、他社より若干高いというのが現状。数円単位の話ですが。
その分、品質は確かなのでしょう、と言いたい所ですが比較したわけでもないのでイメージの話。
そもそも電子書籍に品質も何も無いだろう、という気もしますしね。
どちらかというとアプリの使い勝手かな。

あまり細かく調べてはいないのですが、他社ではセールやまとめ買い割引等があるところもあり
そういったサービスの無さそうなiBooksはやはり割高感が。


とまあ、不満点ばかりですが、じゃあ何でiBooksで購入したかというと、その理由は一点だけ。
ページめくりの演出機能が欲しかったから。
20130507_02_s.jpg

別に無くても全く問題ないのですが、個人的にこの機能が好きなこともあり、やっぱ必須だよなー、と。
ページスライドだけではどうも味気ないです。
最近では書籍によってはKindleも対応しているようなのですが、全書籍を通じて対応しているわけでは
無く、あくまもで一部だけの模様。

今後改善される可能性も十分ありますが、やはり現時点で、となってしまうと…。
というわけで「進撃の巨人」はiBooksで購入しました。


超個人的な雑感含み、あくまでも現時点の情報な上に細かい検証をしたわけでもないので間違っている
可能性も高いですが、今のところはiBooksで満足しています。

さらに言ってしまえば読みたい本が売ってない場合も多いので、利用する電子書籍はiBooksに限定する
つもりもなかったり。
やはり読みたい本優先で、その時点で販売している電子書籍で検討する予定。
売っていればiBooksを最優先にしますが、利用頻度的にはKindle辺りが高くなりそうです。



因みに「惡の華」も続き(原作絵も)が気になったので第1巻を買ったのはいいものの第3世代iPadさんが
容量の限界(MAX16GB)ですと訴えてきたため続きが読めず。

なんてこった…!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。