スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「AURA~魔竜院光牙最後の闘い~」観てきた(ネタバレあり)

映画「AURA~魔竜院光牙最後の闘い~」を観てきました。
IMG_5135_s.jpg

最近流行りの劇場アニメ化。
原作は読んだこと無かったのですが田中ロミオ原作ということで気になっていたので観に行って来ましたよ。


以下、ネタバレ感想につき折り畳み。




前情報で「中二病でも恋がしたい!」とよく比較されていたので、これまた最近多くなってきた中二病を
題材にした話なのは知っていたのですが、ネタバレ回避のためにそれ以上の情報はシャットアウト。

公開まで全く下調べしないで行ってきたのですが…なるほどこれは確かに比較される。

元中二病の主人公が高校デビューを果たし現役中二病の女生徒と出会う、という基本格子が同じ。
妄想と現実の対比や作中の主人公とヒロインの関係等、共通点が多いのですが視聴している側として
受ける印象は全く別でした。

「中二病でも恋がしたい!」は不要な要素をカットし見ている側も不快にならないよう設定が掘り下げられ
割りとライトに見れる内容でしたが、「AURA」に関してはひたすら現実感を重視してテーマもより重いものへと。

もう自分もオッサンになって久しいので今の若者の生態は判りませんが、実際クラス内における主人公やヒロイン、
その周りのクラスメイトの関係性が実にリアルで、受け入れられない人にとってはどこまでも受け入れられないという
感情表現と人間関係がすげーリアル。

主人公の性格は一貫していて非常に好感が持てましたが、こういう作品の定番とも云える過去の暴露。
実際、どこをどう巡り合って辿り着いたのか判らないコミュニティによる情報の伝達って本当にあるからなぁ。
不思議。

タイトルとは裏腹にそのリアルな設定と主人公にヒロイン、周囲の人間の感情の機微が繊細に描かれていて
最後まで魅入ってしまいました。
「中二病でも恋がしたい!」とは別の満足感があり非常に面白かったです。
最終的な到達点(中二病の脱却)は同じなのに描き方が違うだけで全く別の面白さになるものですね。
別の作品なので当たり前なのですが。

総じて文句なしの出来栄えだったのですが、ラストの机で作られた神殿だけは過剰演出というか一人で
やるには無理があるよなぁ、ということでリアリティに欠けてしまったのが少し残念。
でもラストの爽快感と吹っ切れた主人公の立ち振る舞いが本気でかっこ良くて見惚れてしまいました。
まあ、セフィロスコスは予想外でしたが(笑)


田中ロミオ作品は「CROSS†CHANNEL」でどっぷりハマってしまった人間なのですが、この人の心の描き方や
言葉は真に迫るものがあるというか、非常に共感が持てて心に残る。
個人的に「CROSS†CHANNEL」はループ系ノベルゲームで一番おもしろかった作品なので、そういった意味で
AURAは楽しみだったのですが、予想以上の内容で大満足です。

上映時間も1時間半と見やすい長さで、原作の内容は知りませんが見事に詰め込まれてたんじゃないかなぁと。
また観に行きたい気持ちもあるのでBDは査収決定で。
ちと原作も読んでみようかなぁ。どうやら全1巻のようですし。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。