スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASのサルベージ。

数カ月前に認識しなくなってしまった我が家のNASさん。
IMG_5112_s.jpg

大事なデータは入っていなかったのですが、バックアップも取っていなかったので出来れば復旧はしたいなぁと
思いつつ症状が判らないのでとりあえずサポセンに電話。
HDDが逝ってしまった場合は橙色に点滅するらしいですが、緑橙赤で点滅を繰り返し症状は不明とのこと。

そもそも普通に使えていたのにデータ転送中に急に固まってしまったので、どうやらHDDが逝ってしまったのでは
無くてNASの物理ユニットが壊れてしまったくさい。

といった話をサポセンとしたのですが、どのみち修理に出してしまうとデータは全て消えてしまうということ。
症状に関わらず修理に出した時点でHDDはフォーマットしてしまい、且つ保証期間も過ぎてしまっているので
修理は有料とのこと。

なら出す意味は無いな、ということで自力でサルベージすることにしました。

中身はどうせただのHDDだし、外付けケースは持っているのでそっちに入れ替えてしまおう、ということで
さっそくNASを分解。
IMG_5113_s.jpg IMG_5114_s.jpg

もうこの時点でサポートは受けられません。
後戻りできないままHDDを取り出して外付けHDDとしてPCに繋げてみたところ、USBのHDDとしてちゃんと認識を
してくれました。

なんだサルベージ楽勝じゃん、ということで中のデータをコピーしようとしたところ…アクセス出来ず。
PC上では認識されてるのになぁ、やっぱHDD逝ってしまったか?と思って調べてみたらファイルシステムが
「ext3」というLinuxベースのものが採用されていました。

ああ、そりゃあアクセス出来んわ…とりあえずHDDが逝ったわけではないということまでは判明したのですが、
中のデータを取り出せないのでは同じこと。
なんか良い方法ないかなぁ、とWindowsでext3が読み取れるドライバとか試してみたのですが上手くいかず。

同じように分解した人居ないのかな?と思って調べてみたらUbuntuをCDブート起動してHDDを読み込む
という手法をしているっぽい。
あー、なるほどなぁと思いつつも全データのコピーが面倒そうなので他に良い方法がないかなぁと検討した結果、
初めて購入した500GBのNASが余っているじゃないですか。
IMG_5115_s.jpg

500GBじゃ容量が少ない上に、こちらのデータは大事な物が多かったので少しずつBD-Rに退避済み。
もうほとんど使ってなかったので、500GBのHDDを取り出して交換してしまえばいいんじゃね?と。
IMG_5116_s.jpg

つーわけでさっそく分解。
因みに読み込めなくなったNASは1TB。こっちは容量的にも利用価値十分なので使い続けたいところ。

同じSAMSUNG製だし問題無いだろう、とさっそくHDDを交換してNASを繋いでみたところ―――
IMG_5117_s.jpg

おお、正常に起動した!
PCからの認識も問題無し!
20130412.jpg

いやー、良かった良かった。
正直言うとext3を認識するためのドライバをインストールしても読み取れなかったので、もしかしたら本当に
HDD逝ってしまったんじゃないかな、という不安もありましたが問題ありませんでした。

とりあえずこれでNASさん復活。
壊れた方のNASユニットは処分するとして、取り出した500GBのHDDはどうしようかな。
IMG_5118_s.jpg

容量少ないとは云え500GBはあるので外付けHDDとして使うかなぁ。
とりあえずNTFSにフォーマットしてバックアップ用として使いますか。
今回は大事に至りませんでしたがデータが消えるのはホント困るので。
こまめにバックアップ取っておかないとなぁ…。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。