スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖闘士星矢Ω新章突入!(ネタバレあり)

2013年も4月に突入し、続々と春アニメが放映され始めましたが、第1話から続きが気になる作品が多く
今期もアニメ視聴に追われそうです。
まあ、あだ未放映のアニメもありますし、春期のBD査収も含め今期も楽しませてもらいますよ!


そんな中、めでたく2年目に突入した聖闘士星矢Ω。
20130408_01.png

元々は1年で終了の予定だったようですが、十二宮編の功績か続きが見れて何よりです。
旧青銅聖闘士の中で一輝兄さんが最後まで出てこなかったのは2年目を見越してのことなのかな?


というわけで新章第1話を見た感想なんかを。
以下、ネタバレにつき折り畳み。



事前情報で新キャラの噂は聞いていましたが、まさか旧TVアニメシリーズの黒歴史かと思われていた
鋼鉄聖闘士が再び日の目をみることになるとは誰が予想したことでしょう。

最近ではONE PIECE辺りが顕著に表れていますが、ジャンプアニメに在りがちの原作に追いつきそうになったが
ためのオリジナル展開。
聖闘士星矢は特にアニメ化が早かったので今となってはネタ化されまくりのオリジナル要素がふんだんにあり、
アニメで先に出してしまったために原作との矛盾が生まれたアニメ版の氷河の師である水晶聖闘士なんて、その
最たるもの。「我が師の師は我が師も同然」はあまりにも有名すぎる名言ですね。


おもちゃ展開も視野に入れてのことでしょうが、聖闘士を補佐するために選ばれた機械の聖衣を纏う聖闘士とか
旧TVアニメでも気が付いたら全く登場することも無くなり、無かったものとして扱われていたと思いきや、
新シリーズで再び登場とか、当時を知るおっさん世代には胸熱すぎる展開に早くも興奮しまくりですよ…!

これはあれですかね、バンダイさんが聖闘士星矢新シリーズのおもちゃ販売に本気を出してきた、ってことですかね。
旧シリーズの聖闘士聖衣神話に被せてくるのかと思いきや、意外と新シリーズはおもちゃ展開されていないですからね。
クロストーンの設定がイマイチだったんかなぁ。ニュー聖衣はオブジェ形態の変形もありますし。

兎にも角にも事前情報からwktkせざるを得ない情報が散りばめられ、なにげにすげー楽しみにしていたのですが
鋼鉄聖闘士云々よりも新OPに興奮しまくりです。
20130408_03.png 20130408_04.png

ああ、やっぱオレ旧青銅聖闘士の方が好きだわ。
マルスが倒れ魔傷も癒えたハズなので新章での活躍を期待せずにはいられないのですが、OP見ると黄金聖闘士と
共闘しているようにも見えますし、こりゃあ出番が復活するとみていいんですよね!?ね!?
星矢も完全回復していたようですし、メインはあくまでも新青銅聖闘士ですが楽しみで仕方がありません。
一輝兄さんの声も含めてね!


肝心の新シリーズ第1話に関しては導入としては文句無しの展開かと。
光牙の聖衣復活の件とか王道なまでに熱い展開でしたし、今後の展開に対する布石も十分で色々想像してしまいそう。
行方不明となった双子座の聖衣石とか、パラドクスさん再登場の可能性があるってことですかね。
女性の黄金聖闘士とかインパクトも絶大でしたし、どう話を膨らますのか楽しみですよ。

…と思ったらさりげなくOPに出ていましたね。この流れだと仲間になるのかな?
20130408_02.png


あー、また1年聖闘士星矢が続くとはホント嬉しい限りです。
鋼鉄聖闘士もまた消えずに最後まで活躍してくれるのか今後の動向が楽しみで仕方ありません(笑)

そういえば昴の声が水島裕さんでしたが、これまた凄いキャスティングですね…。
旧シリーズにも出ていましたし、ゴッドマーズの人ですよね?オレが生まれる前っすよ…。
でも全く少年声に違和感が無かったので声優さんの技量に恐れ入るばかり。すげーです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。