スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムUC ep6生コメンタリー上映会(ネタバレあり)

今日はTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映された機動戦士ガンダムUC ep6の生コメンタリー上映会に行ってきました!
IMG_4970_s.jpg

制作陣スタッフによる生コメンタリーということで、過去のBD-LIVEでも放送されていたらしいですが一度も
聴いたことなかったし、この手のイベントはすぐにチケット終わっちゃうんだろうなー、とネットで調べてみたら
まだ席が空いていたので思い切って予約。

登壇者は監督、原作者、脚本家、設定考証、プロデューサーというわけで誰よりもガンダムUCを知り尽くした
方々による裏の裏までのコメンタリー。
こりゃあチョット楽しみじゃない?と思ったら予想以上に面白かったです。

今回の生コメンタリーは後日BD-LIVEでも放送される模様。
過去のってまだ聴けるのかな?ちとBD-LIVEの仕組みが判っていないのですが配信は期間限定なのでしょうか。
こんなに面白いなら全部聴いておけば良かったと後悔。

非常に濃密な1時間であったため、ほとんど記憶の彼方に飛んでいってしまいましたが、印象に残った話と
面白かった話を少しばかり。

完全にネタバレにつき以下、折り畳み。

生コメンタリーはダイジェストから。
ただしBD-LIVEに収録されるのは本編だけのようなので、ダイジェストで話していた内容は今回上映会に参加した
人のみの特権ということで。

劇場用に放送されるダイジェストですが、毎回時間は同じのようで。
今回はep1〜ep5までのダイジェスト且つセリフが多めだったために異様に長く感じましたね。
最終話となるep7ではダイジェストも特別なものになるようなので、こちらも楽しみです。


フル・フロンタル等とゼネラル・レビルの攻防は尺の都合もあるのでカットも検討されていたようです。
結果的にはep5ラストを踏襲する形で再構成されたのですが、ep5ラストでシナンジュがバズーカを使った理由は
どうしても描きたかったらしく、ビーム撹乱膜のシーンが追加されたとか。
なるほど、あのシーンにはそんな逸話があったのですね、撹乱するビームのエフェクトがめっちゃ格好良かったです。


ゼネラル・レビルから発進したセリフの無いジェガン部隊ですが、実はPS2のガンダム戦記とWiiのガンダムゲームに
登場していて且つUC0096まで生きていたキャラ、という裏設定があるようで。
ゲーム未プレイ故、キャラ名まで明かしていたのですが名前を忘れてしまいました…ちくせう。
シナンジュにやられたジェガンの脱出ポッドに乗っていたキャラと、それを助けたジェガンに乗っていたキャラが
該当する模様。ゲームをプレイしていたら、こういうのすっげーワクワクするんだろうなぁ。


アンジェロの声優、柿原さんの採用は割とすんなり決まったみたいで。
普段からアンジェロっぽい話し方をしている、と言っていましたが本当?(笑)

そしてSっ気たっぷりと思わせておいて実は打たれ弱いアンジェロさん。
オットー艦長に吠えられてビビるアンジェロさん萌え。

ミネバ役の藤村さんは、その高貴な役柄から毎回緊張しっぱなしなようで…いやはや、毎回素晴らしい演技だと思います。
もう他の方の声は想像出来ません。


途中で挿入されたアクシズショックの画はやはり逆襲のシャアの画をそのまま使用した模様。
ガンダム作品で他の作品映像を使うという前例が今まで無かったため、使用許可を得るために色々と聞きまわったようです。
最終的にはガンダムの生みの親である富野さんに承認をもらいに行ったら一度断られたとか(笑)
まあ、最終的には了承?は頂いたようで、ちゃんと松竹の許可も貰ったようです(ほとんど事後のようでしたが)

ふーむ、権利問題はどこも大変ですね。
あ、Zガンダムでファーストの映像や、ターンエーで黒歴史としてガンダムシリーズの映像が流れましたが、
あれは富野監督作品だから問題無かったようです。
純粋に他作品としては、やはり今回が初めてだったようでした。


ラプラスの箱の在り処を聴いた際のフル・フロンタルの「ほう」というセリフとラストの「此処から先は競争だ」の
セリフはシャアのセリフとして言ってもらうために何度も撮り直したとか。
あのシーンは確かに印象的だったのでよく覚えてます。


フル・フロンタルの毛量疑惑(笑)
いやー、これはオレもすっげー気になってたんだけどフル・フロンタルの髪の毛の量って凄い多いよね!
シャア同様にノーマルスーツは着ない主義のようですが、マスクも付けた状態でノーマルスーツを着てしまうと
あの髪の毛はどうなってしまうのか(笑)
回を追うごとに多くなってない?と原作者から指摘がありましたが…確かにそうかもしれない…。

そしてこれまたオレも気になってたフル・フロンタルが仮面を着ける時に前髪をピッて出す仕草。
あれがすげー気になっていたのですがフル・フロンタルの拘りなんですかね。いや、前髪出さないと引っ張られて
痛いんじゃない?という制作陣の見解。なるほど(笑)


ep6で一気にやさぐれてしまったリディ少尉。
髪の毛伸びた?という原作者に対し前髪を下ろしただけ、と回答する制作陣ですが、いや、あれは失恋して伸びて
しまったという結論に(笑)

アルベルトとの口上は一気にカッコイイキャラへと昇華していきましたが、リディは単なる中二病という見解。
女の子に振られてやさぐれているだけなのですよ!リディさん子供!


ジンネマンとフル・フロンタルの前で製造されていた足のないMS。
原作には無いアニメ専用のフル・フロンタルの最終機体のようですが名前はまだ明かされず。
足が無い、と聞くとジオングを想像しますが、カラーリングとシルエットからナイチンゲール系では?と予想。


後は演出や作画、BGMの話等。
ほとんど手書きなのかと思っていたのですがCGも多用しているようで。
メインとなる部分は基本的に手書きなのですが、CGだからこそ出来る演出も多かったようです。

設定周りもすげー細かくて、こりゃあ確かに製作に時間が掛かるよなぁと納得。
脱出ポッドのカラーリングが蛍光色なのは暗い宇宙で発見されやすくするため。
コックピット周りが赤いのは逆襲のシャアからの流れ。

操縦者となる人が余裕を持って操縦するためのコックピットの広さを考えると、MSはかなり大型になってしまうようで、
この辺りのリアルさもすげー言及されていました。
アニメ(フィクション)だから、という割り切りはせずに戦艦の大きさ、カタパルトデッキに収容できるMSの数、
そのための全体的な大きさ、等が矛盾の無いように事細かに設定されているようで。
この辺りはかなり設計段階から打ち合わせをしていたようです。なるほどねー。


時代背景もかなり意識されているようで。
ガンダムシリーズとしては30年以上経過していますが、作中では実施その半分程度。
時代の流れや流行は作っている時期のものにも左右されてしまうため、この辺りを意識するのは大変そう。

例えばep6終盤のタバコの煙が充満している会議室。
昨今の情景ではタバコに対する風当たりは厳しいですが、ファースト以降の80年代は寛容だったため喫煙シーンが
多かったこともあり、その流れで0096時点でも会議室でタバコ。

原作者は宇宙世紀の時代も禁煙ムードだったのですが、0079で総人口が半分以下になったために、そのストレスから
みんな吸いだすようになった、と受け取ったようで。なるほど、巧い(笑)

因みに富野監督はアニメに喫煙シーンを出すと海外で売れないから止めろ、とよく言うようです。
いやいや、最初に出したのアナタじゃないですか、というツッコミ(笑)


全体的にシナリオにはあまり触れずに制作秘話がメインで、時折笑いもあり楽しかったです。
自分は一番前の列の右側だったので生コメンタリーがよく聞こえました。
中央部の人たちは劇中音声に遮られて若干聞こえづらかったようで。
もう何度も見たし、一番前でいいやーと思ったら大正解でした。


今回の生コメンタリーが好評だったら次回の最終話でもやりたいと言っていたので、ぜひまたやってもらいたいです。
他にも企画は検討していますし、制作陣も各自奮闘しているようなので最終話までもう暫くお待ちを、とのこと。

ここまで来たら最高に素晴らしいものを作っていただきたいですし、たかだか1年くらい待ちますとも!

というわけで次回は2014年春。
今度こそ劇場での鑑賞は最後となるのでガンプラでも作りながらまったり待ちたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

行ったんだ!?

こんばんは?おはよう??w

行ったんだね~。
興味はあったけど、手が出せなかった。。。
そういう話だと、行っても良かったナーと後悔。orz

後悔しない人生を送りたい物ですよ、ホント。

Re: 行ったんだ!?

>リンさん

なんて時間だい(笑)

平日だし行けるか微妙だったけど強行してきたー。
舞台挨拶に行けなかったリベンジも兼ねてね!

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。