スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」観てきた(ネタバレあり)

今日は「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」を観てきました!
IMG_4716_s.jpg IMG_4717_s.jpg

目的の7割はコミックス第0巻だったのですが、ジャンプ系アニメの映画は久しぶりだったので少し楽しみだったり。
特に原作でも人気な幻影旅団にスポットが当たっているので、どんな話なんだろう?と。


以下、ネタバレ感想につき折り畳み。



観終わった後の感想としては、昔ながらのジャンプアニメの劇場版だなぁ、と。
基本的に原作の正史ではなく設定のみを踏襲した完全にオリジナルストーリー。
昔の劇場版ドラゴンボールのような、あれですね。

時期的にはヨークシン編からグリードアイランド編の間くらいで、まさに今放映しているTVアニメシリーズと
リンクしている感じでした。
※ゴンとキルアの念能力は応用技が使えず発展途中、クロロの除念は終っていないので。


ストーリーに関してはクラピカがメインと見せかけてキルアの方がスポット当たっていた気がします。
原作にもあったゾルディック家(イルミ)の闇について触れつつゴン達との絆を説くというジャンプ漫画らしい展開。
原作ファンからするとこの辺りは少し違和感があり、HUNTER×HUNTERの映画版という見方をすると物足りないかも
しれませんね。

個人的に一番違和感があったのは、ラストのクラピカと蜘蛛の邂逅シーンかなぁ。
団長の除念がが終わるまで、という理由付けは判らなくはないのですが原作ですら未だに描かれていない
クロロ以外の蜘蛛メンバーとクラピカがこうも簡単に面してしまうのはどうにも違和感が。

ウボォーとの戦闘シーンのヴィジュアルやノブナガさんの活躍(笑)が観れたのは良かったですが、全体としては
やはりちと散漫としていた感は否めませんね。
ちと辛口の感想になってしまいましたが、どこか原作との繋がりを期待していたのも事実なので、その分の
落胆が大きいのかもしれません。

とりあえずEDテロップでビスケ、カイト、ジンが登場したのは蟻編までTVでやると受け取りました(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。