スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ:Fate/Zero最終話感想(ネタバレあり)

毎週楽しみにしていましたがアニメのFate/Zeroもついに完結。
20120624_01.png

1クールの休憩を挟んでの放映だったのでかなり長く楽しめるかと思っていましたが、終わってしまうとあっという間
ですね。

や、ホントもう毎週楽しませて頂きました。
原作読んでいた頃はこれは映像化は無理なんじゃないかと思いましたが、そんな懸念は杞憂に終わってくれたと
断言できるくらい素晴らしい作品でしたよ。

まあ、確かにところどころ尺の問題でカットされた場面や心理描写もありますが、BDで補完もしてくれていますし
BD-BOXⅡにも期待したいと思います。


以下、ネタバレ感想のため折り畳み。



20120624_02.png 20120624_03.png

20120624_04.png 20120624_05.png

20120624_06.png 20120624_07.png

20120624_08.png 20120624_09.png

20120624_10.png 20120624_11.png

20120624_12.png 20120624_13.png

20120624_14.png 20120624_15.png

20120624_16.png 20120624_17.png

20120624_18.png 20120624_19.png

20120624_20.png 20120624_21.png

20120624_22.png 20120624_23.png

20120624_24.png 20120624_25.png


最終話のStayNight(以下、SN)エピソードを盛り込む幕の閉じ方はこれ以外無いという終わり方でしたね。
この辺りは原作エピソードまんまなのですが、やはりSNをやり込んだ身としては何とも感慨深いわけでして。
士郎の切嗣との邂逅シーンはSNを見事に再現してこれまた切嗣だけが唯一この作品でこういう形で最期に救われた、
という状況が何ともまたつれぇ…!

結末だけ見たら決してハッピーエンドとは言い難いのですが、それでもSNに続く物語としては最高の締めかと。
ラストのセイバーに差す光ははやはり第5次聖杯戦争に召喚された場面を演出しているのですかね。
つーかもう来週から普通にSN始めておかしくない終わり方でしたよ。むしろやって下さい。


とまあ、べた褒め状態の最終話でしたが結局のところ全裸足組みギル様に全て持っていかれてしまったわけで。
もうシリアスなシーンが台無しですよ。笑いを堪えることが出来んかった。
綺礼の目が覚めるまでずっとあの状態だったんですかね。本当に全裸待機しているやつ初めて見たよ。
さすがギル様です。俺等にでk(略

愉悦に浸りまくっているギル様と綺礼とは対象的に全く救われることなく夢想するしかなかった雁夜おじさん。
いえ、雁夜お父さん。
必死に救いたかった少女にまで冷たい目で見られながら死にゆく様は涙無くして語れまい…。


つーか見方によってはSNのラスボス過去編でもあるんですよね、Zeroって。
SNの綺礼が形成されるまでというか。

聖杯に飲み込まれたことで開き直った綺礼さん。
全裸待機ギル様を華麗にスルーする綺礼さん。
自分の父親を殺した凶器と知らず大事そうに涙堪えながら形見と抱きかかえる少女を見つつ愉悦に浸る綺礼さん。

残念ながら麻婆好きになった経緯までは語られませんでしたが。


あー、あとあと、今回の肝なんといってもさり気なく映っていた藤ねえですね!
セリフまであったら完璧だったのですが、竹刀片手にはしゃぐ様は見ていて気持ちのいい清涼剤。
切嗣に恋する乙女タイガーを番外編でぜひ作って欲しい。いっそのことBD特典で。


BDと云えばAmazonはあてになりそうにないのでBOXⅡをどこで購入したものか。
こりゃあもう最高の作品に対する敬意を払って定価価格の公式で購入しても良いかもしれない。


というわけで支離滅裂ですがFate/Zeroの感想でした。
正直、昨日は遊び呆けたまま最終話ということで無理してリアルタイム視聴しましたが睡魔が限界な挙句に
今日も早起きということでこれを書いている今現在既に頭が飽和状態。
あとで見返して書き換える可能性もありますが面倒なのでこのままの可能性も大。

色々とグダグダ言いましたがFate/Zero最高でした!スタッフの皆さんお疲れ様でした!



あ、そいえば全く関係ありませんが今日、6月24日は世界的にUFOの日なんですよ。
イリヤの空なんですよ。
UFOの夏なんですよ。
あれからもう10年近く経つのか…。
奈須さんが大絶賛してたので試しに読んでみたのですが10年近く前。
ラノベはあまり読む方では無いのですが、秋山瑞人作品にハマったきっかけでもあり懐かしく思う次第。
最近めっきり耳にしませんがEGコンバットの最終巻が執筆されているという噂も…。
まあ、とりあえずイリヤを読み返してみようかな、久しぶりに。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。