スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法使いの夜」プレイ日記その1(ネタバレあり)

ようやく開始した「魔法使いの夜」ですがヤバいです。超面白いですこれ。
や、もともと疑う余地は全くなかったのですが、予想通りというか想像以上というか。

久しぶりのTYPE-MOON作品なうえに完全新作なんて何年振りだろうということで
だいぶ昔に感じた月姫やFateをプレイした時の感動が蘇ってきましたよ。

読ませるテキストはさすがと言わんばかりなのですが、それ以上に凄いのが演出のスクリプト。
ただのノベルゲーどころの騒ぎじゃねーですね、と。
通常のノベルゲーなら立ち絵とイベント絵の繰り返しなのですが、全編にわたってFateのような
演出シーンとは恐れ入ります。まさかノベルゲーで映像面を魅せられるなんて。

何かのインタビュー記事で発売が遅れた原因がこの演出部分のようなので、これなら仕方ないなー、と納得。

以下、若干ネタバレのため折り畳み。

現在は6章まで進み、ようやく物語のプロローグが終わった辺り。
おそらく最初の盛り上がり場面かと思われますが、vsフラット・スナークが超熱くて最高でしたよ。
蓋をあけてみれば青子が力技と根性で押し切っただけなのですが、その有様を臨場感と共に
表現する文章力はさすがだなー、というか演出面の強化も相まってホント素晴らしい盛り上がりでした。

個人的には草十郎がコースターを駆け下りて「卵」に飛び移るシーンがすげー良かった。
深夜にも関わらず一人興奮しっぱなしでしたよ。

今回は青子と草十郎のキャラがすげー好感が持ててキャラの掛け合いが見ていて目に楽しいです。
Fateの時の士郎と凛に似ていますが、内容は各段に良い。
というか士郎はイマイチ好きになれないキャラだったのですが、草十郎さんは大変お気に入り。
同じ朴念仁なのに何が違うのか、と問われると回答に困るのですがキャラ設定が良かったんですかね。

これからここに有珠が加わって少年少女達の甘酸っぱいボーイミーツガールが繰り広げられるのかと
思うとwktkが止まりませんが、まあ、まほよに限っていえば殺伐とした展開が繰り広げられるんでしょうな。
ああ、でもそれにアタフタする草十郎さんというのもまた萌えポイントが高くて非常に宜しい。
×口で困っている草十郎さんは非常に萌えるんですよ?


というわけで何合目まで来たか判りませんが今日もこれからまほよをレッツプレイ。
これまた風の噂では3部作で第2部、第3部の構成があるとのことなので、出し惜しみ無しでプレイに
勤しみたいと思います。

ああ、もう使える時間を全てまほよにつぎ込みてぇ…!




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。