スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブ:福島県磐梯吾妻スカイライン空の旅

ちと平日に一日だけお休みが取れたので先日の野辺山のリベンジを果たすべくドライブに出陣。

や、野辺山は十二分に堪能出来たのですが、やはり連休の渋滞に巻き込まれたのが悔やまれるので
今度は北の方に旅がしたい、というのと気ままにドライブがしたい、という二つの欲求を満たすべく調べてみた結果、
福島県に磐梯吾妻スカイラインという「日本の道100選」にも選ばれた道路があるようで。

写真で見る限りも中々の絶景だったので少し遠いですが日帰りでも行けなくはないだろう、と突撃してきました。


まずは旅の醍醐味、ご当地グルメ。
福島県でしか食べられないもの、且つ磐梯吾妻スカイラインの近くで食べられるもので何が無いかを調べたところ、
そういえば喜多方ラーメンって食べたことがなかった、と思い至り、磐梯吾妻スカイラインにほど近い桧原湖の
ほとりにある山塩ラーメン専門店「桧原宿 Sio-YA」をまずは目指すことに。

おそらく日帰りで行けるだろうとは思いつつも現地を堪能する時間も確保したかったので、仕事続きの有給なのに
何を思ったかこのバカヤロウは朝5時起きという仕事に行く時間より2時間も早く起床して移動。

ホント普段からこれくらいの気概を魅せてもらいたいものですネ。


福島とは云え、さすがに早く家を出過ぎたため店の開店時間前に着きそうだったので、途中で写真を撮りながら移動。
この辺りは一眼で撮っていたので後日また掲載予定。

先日の野辺山写真すらまだ全部載せていないのにねぇ…何してるんだかオレは。

というわけで目的地に到着。開店時間の10時ぴったしに入店。さすがに平日だし客は自分一人でした。
IMG_6164_s.jpg

まだ10時とは云え朝5時に起きて飲まず食わずで移動していたので、もうお腹はペコペコ。
普段はあまり頼まないのですが、思わず山塩チャーシューメンを注文してしまいました。
IMG_6162_s.jpg

塩ラーメンってあまりメジャーではないものの自分は結構好きなのですよ。
なので噂の山塩ラーメンは楽しみにしていたのですが…いやはや、期待以上でした。

もうこの透き通ったスープがあっさりまろやかでめちゃめちゃ美味い…!
そのくせしっかりコクもあるのでラーメンにぴったし。
ちぢれ麺に柔らかいチャーシューも見事にスープとマッチして文句なし。
個人的に今まで食べた塩ラーメンでナンバーワン。おまえがナンバーワンだ。
※大事なことなので2回言いました。ベジータ風に。

えー、さすがに疲れもさることながら眠気もMAXなので変なテンションです。
でも今日中に更新しないともう更新する時間が無いので頑張る。手抜きで。

因みにラーメン自体はこんな景色を眺めながら啜っていまして。
IMG_6163_s.jpg

まさに食は雰囲気や環境も大事、ということを証明してくれるくらい雄大な景色にホント来て良かったと思いました。
簡単に行ける距離じゃないけど、ここはまた来たいなぁ…もう一度食べたい。


食後は磐梯吾妻スカイラインに向かうべく磐梯吾妻レークライン経由で移動。
磐梯吾妻レークラインの景色も見事で、ちょくちょく車を止めては写真を撮っていました。
IMG_6168_s.jpg IMG_6170_s.jpg

さすが「日本の道100選」に選ばれるだけあり、景色も道も何もかも素晴らしい。
平日ということもあり道もガラガラ。ちょくちょく観光目的やツーリング客も居ましたが基本的に貸切と最高の環境でした。

どうやら紅葉時期や休日はその人気っぷりに渋滞に陥りやすいようなので、やはりドライブを楽しみたいなら平日ですね。
ちゃんと写真を撮るための駐車ポイントがちらほらあり、移動しては停めての繰り返し。
写真は例の如く後日掲載しますが、枚数多いから整理が大変だ…。


んで、iPhoneでも撮りまくったのが浄土平。もう凄かった。ただただ凄かった。
IMG_6172_s.jpg IMG_6175_s.jpg

IMG_6176_s.jpg IMG_6177_s.jpg

IMG_6178_s.jpg IMG_6180_s.jpg

IMG_6181_s.jpg IMG_6184_s.jpg

IMG_6186_s.jpg IMG_6188_s.jpg

ホントもう最近同じことばかり言っていますが、写真であの感動を伝えるのがすげー難しい…!
めちゃめちゃ絶景でしたよ!

ただでさえ空の道と言われるスカイラインで標高高いところまで来ているのに、そこからさらに山を登るわけですからね。
どれだけ雄大な景色かはもう言うに及ばずですよ。

自分が登ったのは吾妻小富士。
頂上が富士の火口を思わせるようにぽっかり空いていて凄いの何の。
マジでこれ落ちたら死ぬわ、と思わせるくらい危険極まりない山頂コースなのですが、一切柵が無いんですよね。
当然手すりも何も無い。マジで写真の通りの道です。

しかも足元はほっとんど砂利なので滑る滑る。
実際、何度か滑って転びそうになり、しかもマジで一度だけ落ちて死にそうになったわ(笑)

や、笑い事じゃないんですけどね。命の危険を感じたのは初めてですよ。

ただ、それくらい夢中になって写真を撮ってきましたが、やっぱ直で見た感動には勝てんなぁ…。
プロが撮った写真は見事な感動の再現率だというのに、もっと精進しないと。

ちなみにこの火口穴を見た第一印象がギアガの大穴。
きっとここに飛び込めば地下世界アレフガルドに行けたハズ。

まあ、実際は別の世界に逝ってしまいそうですが。

山頂までは歩いてすぐなのですが、1時間以上ぐるぐる回ってたなぁ。
おかげでもう少し色々と観て回りたかったのですが時間が迫ってきたため夕飯を食べて帰ることに。

といってもまだ16時にもなっておらず夕飯には早過ぎるんですけどね。
なんでこんな時間に拘っていたかというと、夕飯はどうしようかなーと思案していたところ、すぐ近くに米沢の
地名が見つかりまして。

ええ、もちろん米沢牛で有名な山形県の米沢市ですね。

はい、昼はラーメンだし夜は肉が食いてぇ。肉一択だな、ともうこればっかな単純脳は迷うこと無くここまで来たら
山形まで行ったろーぜとさらに北上してきました。

米沢牛はすき焼きで食うのが良いらしい、という情報だけですき焼きに決定しました。
最近食べてなかったし食べたいなー、という気もあったので。

せっかく山形まで行くなら妥協はしない。良い肉を食う、と安定のぐるなび調べ。
は?ステマって何?

米沢牛老舗 登起波に行ってきましたよ…!
IMG_6189_s.jpg

メニューはもう迷うことなく特選ロースで。あまりの迷いの無さに若干店員がビックリしていました。
まあ、こんな貧乏くせえやつが特選なんか頼んだらそりゃあビックリするよなぁ(笑)
IMG_6191_s.jpg IMG_6192_s.jpg

IMG_6193_s.jpg IMG_6194_s.jpg

えー、この感動をどう伝えよう?
もう美味しいものを食べたんだから美味しい以外の感想は出てこないですよ…!
何を言っても野暮というもの。

強いて言うならば肉が蕩けるほど柔らかくてホントびっくりした。
しかも肉から出た旨味が野菜にまで染みこんで美味いの何の。
ああ、本当に美味い物ってのはそれ単体ではなく料理全体まで美味くしちまうんだなぁ…。


というわけで最高に至福な気分でしたが、忘れてはならないのは今山形に居る、ということ。
今日中に家に帰らないといけない、ということ。
明日は仕事だぜ?ということ。

名残惜しさを残しつつ帰路に着きましたが山形から4時間強で帰れる、というのは新しい発見かな、うん。
ああ、さすがに疲れました…でも充実感でいっぱい。
何でオレ働いているんだっけ?と思いたくなりますが、こういう感動を得られるのは簡単に行けるからではないから、
日常の中の非日常だからこそ感じられる感動なんじゃないかな、と思う次第。

…うん、クサイっすね。


つーわけで次はどこへ行こうか。

あ、土曜は箱根に行く予定だけど雨くさいのであんま期待出来なさそう。
つーか山ばっかだな!オレ。
次は海に行きたいなぁ…もっと暑い時期に行っておけば良かったと思いつつもそんな暇は無かった。
今年も江ノ島に行くって言っていたのに、結局行けず仕舞いだったし。
また生しらす食いたかったのにー!


なんか旅好きを語るにはまだまだですが、オレってこんなアウトドアなタイプじゃなかったんだけどなぁ。

この間行った山口県と軍艦島の感動の影響も大きかったのかもしれない。
ああいうまだ見ぬ素晴らしい場所にすっかり魅了されてしまいましたよ。

そろそろオレの旅レベルもアリアハンからロマリアに移動出来るくらいにはレベルアップしたかな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。