スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖闘士星矢ND冥王神話7巻発売!(ネタバレあり)

待ちに待った『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話 第7巻(AA)』が発売されました!
IMG_5779.jpg

車田先生による聖闘士星矢の正統続編。
聖闘士星矢好きーには堪らない作品故、発売が心待ちされましたがようやく発売ですよ。

表紙を見ての通り今巻でようやく紫龍が登場。
これでメインとなる青銅聖闘士5人がようやく揃いましたね。
だいたいこの手の登場はいつも一輝が最後なのですが、まさか紫龍が最後とはなぁ。


以下、ネタバレ感想につき折り畳み。


兎にも角にもようやく紫龍が登場したのですが、いきなり春麗が赤子を連れて登場したので
すげービビりました。

や、Ωでは確かに龍峰が紫龍と春麗の息子として登場してますが、紫龍ってまだ14歳のハズだし!
ハーデス編からどれくらい時間が経っているか判りませんが、おそらく1年と経っていないハズ。
それなのに既に子供って…。

しかも赤子の名前が翔龍とか。龍峰じゃないの!?と大混乱です。

まあ、紫龍と春麗の子供ではなく捨て子だった、というオチなのですが。
それにしたって現在放送中のΩもあるのに…相変わらずぶっ飛んだ設定を盛り込んできますね。御大は。
派生作品と云えども関係ねーぜと云わんばかりに我を通す御大マジかっけー。


やっぱ今巻はようやく登場した紫龍がメイン回でしたね。
個人的には氷河の活躍をもっと見たかったけど、老師との再会シーンが熱かったのでノー問題。
タトゥーの設定とか確実に跡付けだろうけど、少年漫画はこうあるべきだと思うんだ。

最近の少年漫画はどうにも設定やら背景が懲りすぎて…。
や、別に悪いと思っているわけでもなくONE PIECEのように張りめぐされた伏線とか回収された時のワクワク感も
ありますが、もっとこうシンプルで勢いだけでも良いんじゃないかなー、と。
最近で云えばキン肉マンもその辺りがウケているんじゃないかなぁ。

なんつーか中途半端に理論を求めすぎて結果的に破綻することが多い気がするんですよね。
特に最近の長寿漫画は。

もう四の五の言わずに我が道を通せば良いと思うのですよ。考えるな、感じるんだ精神で。少年漫画だし。
ハーデス城では結界が張られていて黄金聖闘士は10分の1の力も出せない、と言われたらそれで納得するんですよ!


閑話休題


しっかし、まさかへびつかい座が呪われた十三番目の黄金聖闘士として今更登場するとは夢にも思わなかったですよ。
昔、冗談でシャイナさん黄金聖闘士に昇格か?とか言っていましたが本当にそうなってしまうのか…?

今巻も相変わらず良い所で終わってしまったので次巻が待ち遠しいですが、次出るのはいつになるのだろう…。
進展は早いのですが、短期集中な上にカラー作品となっているため結局1年に1冊ペースなんですよね。
そのくせ風呂敷は広がり続けているので、これちゃんと終わるのか?という危惧も…。

過去のハーデス編をどこまでやるのか判りませんが、天界編と同時進行ですし、無理してカラーにせず
普通に連載してもらいたいなぁ、という気もします。


何にせよ、おっさん世代の聖闘士星矢ファンにはオススメの続編なのでぜひ一読してほしいところ。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。