スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにCLANNAD

今年の夏はひまわり畑を見に行きたいなー、と思っていたら急にCLANNADが観たくなりまして。
神回と名高いAFTER STORYの第18話「大地の果て」に出てきたあそこですね、連想したのは。

劇中の舞台が夏ということもあり、ひまわり畑だと思っていたのですがあそこって正確には
菜の花畑なのですね。
聖地は青森県横浜町の菜の花畑のようで、無性に行きたくなってきたのですが菜の花畑は
5月頃が満開のようで夏は何も無いみたい。残念。

今年は素直にひまわり畑に行ってみるとして、来年の5月頃に青森まで行ってみようかなー。


とまあ、そんな流れでCLANNADが観たくなったのですが、さすがに第1期と第2期併せて40話以上もある
作品を全話観るのは厳しいので「大地の果て」だけ観てみようかな、と。
BD-BOX購入したものの一度も視聴していなかったですしね。
IMG_5778.jpg


これ、放映当時にTVで観てめちゃめちゃ泣いた記憶があったので、今観てもきっと泣くんだろうなー
と思って安易に観たら予想以上に号泣してしまい自分で軽く引いてしまいましたわ。

や、もうボロッボロ。近年は歳のせいか涙腺弱くなったなーと思いましたがここまで泣かされるとは
ホント思いませんでしたよ。

朋也の父親の話、朋也と汐の絆を取り戻す話、帰りの電車の渚の話、とBパートは畳み掛けるように
泣きのオンパレードですが不思議と勇み足感も駆け足感も無く。
Aパートは割と言葉少なめで表情や行動で感情を表していたのに対し、Bパートで「言葉」によって
語られる感情の揺さぶりが半端無く、この辺りは作り手が意図して演出したんだろうなぁと感嘆。

改めて神回の意味を再確認したわけですが、このまま終わるのも、と続けて第19話の「家路」を視聴。


いやはや、「家路」も「大地の果て」に負けず劣らずの神回でしたよ…!
つーか個人的には「家路」の方がくるものがあり、むしろ号泣っぷりはこっちの方が上。

この作品ってかれこれもう4年も前になるのですが、あれからオレも歳を積み重ねて自分の環境も変わり
思う所もあってか感情の移入っぷりがヤバかったです。
朋也の父親への想いのシーンと過去の思い出。溢れ出てくるものが抑えきれない様は涙無くして観ること出来ず。

CLANNAD観たの昨日の話なのですが、これを書きながら思い返してまた泣きそうになってしまいましたよ(笑)


昨日はそのまま第20話の「汐風の戯れ」まで視聴して終了。
正確に云うと20話のラストちょい前まで、かな。
「人生」と揶揄されるくらいCLANNADは素晴らしい作品なのですが、アニメ版のラストはどうにも好きになれず。

もちろん心情としてはハッピーエンド派なのですが、この作品に至っては朋也と汐が絆を取り戻し
前向きに生きていく様をこれだけ丁寧に積み重ねておいて、まさかの全て台無しご都合主義END。
そりゃあ家族3人で暮らせればどれだけ幸せか、なんて言うに及ばずですが…やはり納得は出来ませんでした。
朋也と汐の苦楽が全て無かったことにされるんだもん。

まあ、最後の超展開に関する自分の理解が追いついていないだけなのかもしれませんが。
実際にゲームの評判はすごく良いですし、原作未プレイなので素直にゲームをプレイした方が良いのかなぁ。

でもトータル200時間超えと名高い長編ストーリーなので、今からプレイするのは中々にしんどい…。
Vita辺りでリメイクされたら考える、かも…?




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。