スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の思い出プレイバック2013年12月:静岡県「夢の吊り橋」

ほそぼそとブログ再開しましたが、微妙に管理画面変わったんですねFC2ブログ。
先日も書きましたが暫くはリハビリも兼ねて休止期間中に行ってきた場所の紹介をしたいと思います。
せっかく各地で撮った写真だし、ちゃんと残しておきたいしね。

カテゴリは「ぶらり旅」と「写真」のどちらにするか迷ったけど「ぶらり旅」で纏めておきます。
去年の12月から行ってきた順に紹介したいと思いますので季節感が全くない点はご容赦くだせえ。


つーわけで一発目は静岡県にある「夢の吊り橋」です。
20131207_064_s.jpg 20131207_054_s.jpg

20131207_002_s.jpg 20131207_045_s.jpg

行ってきたのは去年の12月の上旬だったかな。ブログ休止直後くらい。
休止前にもちと触れた記憶があるのですが、奥大井地方の寸又峡にある「夢の吊り橋」は
「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊り橋 10」にも選ばれていて、近年では有名な観光スポットです。

「日本」ではなく「世界」で選ばれる辺り、その人気っぷりは伺えるのですが、
山奥ということもあり紅葉の時期はとにかくもう凄い人が集まるみたい。

12月上旬ということもあり旬の時期とは若干ズレていて、紅葉があまり堪能出来なかったのは
残念ですが、その代わり祝日にも関わらず観光客もまばらでのんびり行くことが出来ましたよ。


ネットで調べてみると紅葉の時期は平日に行くことをお勧めされていたのですが、
実際に行ってみてその理由がよーく判りました。

高速を降りてから50kmくらいあるのですが、途中の山道がほとんど車線が無いんですよね。
対向車が近づいて来ていることを知らせる信号も何カ所かありますが、あまり補完されておらず。
時間帯にも救われましたが、このタイミングで対向車来たら面倒だな、という場面もちらほらと…。
最近、山道の運転が楽しくて仕方がないのですがさすがにここはチョット遠慮したい。


因みにこの日は確か朝の5時起きで出発。
途中、友人を拾って行ったのですが、現地に着いたのはお昼過ぎくらいでした。

静岡はホント広くてねぇ…鰻を食べに浜松までよく行きますが、一日の大半を運転に費やされます。
ドライブは好きなのでいいんですが、首都高の渋滞だけはホントなんとかならんもんか…。

寸又峡近辺は温泉街ということもあり、食べるところは比較的多かったです。
まあ、山といったら蕎麦だろう、という何の捻りも無い考えでお店は決めてしまったのですが。
20131207_016_s.jpg 20131207_025_s.jpg

注文したのはこれまた捻りも無いというかここ最近すっかりハマってしまったキノコ。
蕎麦も付くよ、と言われたら選ばない理由はありません。


予想以上のキノコの量。
好きな人にはたまりませんが、これダメな人には絶対ダメだろうな。
キノコは甘く煮付けてあるので、完全に好みが分かれると思いますが好きな人は好き。

個人的には美味しかった、と記憶していますが…如何せん時間が経ちすぎたので
完全に味を思い出せるわけもなく。
とりあえず美味い美味い言いながら食っていたので美味しかったのは間違いないかと。


腹ごしらえも済んだところで早速「夢の吊り橋」に向かったわけですが、さすが12月の山中。
もーホント寒かった…!
都内でも冷え込んできた時期だったと記憶していますが、山中はその比ではなく、
ある程度防寒して行ったものの冷たい山風がすげーキツかったデス…。

写真を整理しながら少しずつ記憶を辿ったのですが、吊り橋以外は軽いハイキングくらいの
印象しか残っていませんでした。
これは季節の問題もあると思います。おそらく初夏と紅葉の季節だったら最高だったんだろうな。
森とダム湖に囲まれた環境は圧巻ですよ。

それだけに冬の時期はちと残念でしたが、吊り橋のインパクトは凄かったです。ホント。
20131207_076_s.jpg 20131207_083_s.jpg

20131207_084_s.jpg 20131207_094_s.jpg

一見すると大したことないように見えるのですが、兎にも角にも造りが不安定なんですよ。
真ん中の狭い板しか歩く場所が無いし、歩く場所を外れないようにワイヤーで固定されているだけ。
当然、吊り橋なので人が通るだけで揺れる揺れる。

あまり高い橋ではないのですが、なるほどこれはすげー!と納得。
最初はビビっていましたが、慣れてくるとめちゃくちゃ楽しかったです。
下手なアトラクションよりスリリングだし、何よりも気分爽快。
吊り橋ってすっかり数が減ってしまいましたが、こういうの大好きです。


余談ですが、橋の真ん中で若い女性が恋の成熟を祈ると叶うという、ジンクスがあるようです。
「若い女性」限定です。とーぜんオッサンには効果ありません。
男女差別どころか年齢制限まで設ける辺りホント情け容赦ありませんね。

吊り橋効果とかいう言葉があるけど、今のご時世吊り橋がある所に一緒に行っている時点で
ほとんど目的達成してると思うんだ。


兎にも角にも、世界に認められる吊り橋は伊達ではありませんでした。
交通アクセスが不便なのが難点ですが行く価値はアリです。日本もまだ捨てたもんじゃない。
今度は新緑の季節に行ってみたいですね。


最後は温泉街でのんびり露天温泉を堪能。
なんだっけな…お祭りか何かでどの施設も入浴が無料だったんですよ。
いいタイミングで来たなー、と雪こそ降ってはいませんでしたが冬の山奥で露天温泉を
心ゆくまで堪能してきました。

体の芯までぽっかぽかです。
もう凄く気分が良かったのですが、その分帰りがマジしんどかった。
朝5時起きだったし睡魔が半端ない。

割愛してますが、ハイキングコースなのでそこそこの運動量だったのですよ。
疲労感も相まって、次の日は確か12時間以上寝ていた記憶があります…。
スポンサーサイト
プロフィール

しましま

Author:しましま
リハビリ中。

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『あの花』応援中
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
魔法使いの夜
魔法使いの夜
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。